バリー・ハリス(p) 『Preminado』

バリー・ハリス(p) 『Preminado』

 シブぅ~い!じつにシブイねぇ~、このジャケット。内容のほうもシブイ。オリジナルの表題曲[2]は、バド・パウエルの「ウン・ポコ・ローコ」に「もろびとこぞりて」を足したような印象。12月録音だから、ちょっとクリスマスが混じってしまったのかな。エルヴィン・ジョーンズの叩き出す複合リズム、それにピアノトリオで威力を発揮する俊敏なブラッシュワークが見事。これはもうひとつの『オーバーシーズ』だ。渋すぎ!★★★★

1.マイ・ハート・ストゥッド・スティル (My Heart Stood Still)
2.プレミナード
3.アイ・シュッド・ケア (I Should Care)
4.ゼアズ・ノー・ワン・バット・ユー
5.ワン・ダウン
6.イッツ・ザ・トーク・オブ・ザ・タウン (It's The Talk Of The Town)
7.プレイ,キャロル・プレイ
8.恋とは何でしょう (What Is This Thing Called Love)

Barry Harris (p),Joe Benjamin (b),Elvin Jones (ds)
[Riverside] 21.Dec.1960, 19.Jan.1961..Engineer:Ray Fowler


« 音に効くアクセサリー、映像にも効くか? | メイン | マイルス・デイヴィス(tp,flg) 『Sketches of Spain』 »