ジャッキー・マクリーン(as) 『Let Freedom Ring』


ジャッキー・マクリーン(as) 『Let Freedom Ring』

  あまり言われてないことだと思うが、マクリーンのバラード演奏にはマイルス・デイヴィスの影響が強く感じられる。バド・パウエル作の[2]、まるでマイルスのミュートトランペットがそのままアルトに置き換わったようではないか。[1]では、得意のマクリーン節が続くかと思いきや、突如馬のいななきのようなフリーキーなトーンを連発。これまでのスタイルをかなぐり捨て、全編無機質であることを狙ったかのように、新たな地平に踏み出そうとするマクリーンがいる。どこまでも一本気なマクリーンが好きだ。紙ジャケあり ★★★★

1.メロディ・フォー・メロネー
2.アイル・キープ・ラヴィング・ユー (I'll Keep Loving You)
3.ルネ
4.オメガ

Jackie McLean (as),Walter Davis (p),Herbie Lewis (b),Billy Higgins (ds)
[Bluenote] 19.Mar.1962.Englewood Cliffs,N.J. Engineer:Van Gelder


« 上方温泉一休に行ってきました | メイン | ジョー・パス(g) 『For Django』 »