カイ・ウィンディング、J.J.ジョンソン(tb) 『The Great Kai & J.J.』

カイ・ウィンディング、J.J.ジョンソン(tb) 『The Great Kai & J.J.』

 いつもフィリー・ジョー・ジョーンズの代役のようなアート・テイラーよりも、ロイ・へインズのほうがドラマーとしての格が上だと思い込んでいた。本盤では前半へインズ、後半テイラーが叩いているが、こうして比べてみるとテイラーの音のなんとごっついこと!B級扱いしてすまなかった。金物叩かせたら世界一。[10]のドラの音でひっくり返りそうになる。二本のトロンボーンが奏でる爽快なハーモニー。ビル・エヴァンスの参加も見逃せない。理屈抜きで楽しめる傑作だ。 ★★★★

1.This Could Be the Start of Something Big
2.Georgia on My Mind
3.Blue Monk
4.Judy
5.Alone Together
6.Side by Side
7.I Concentrate on You
8.Theme from Picnic
9.Trixie
10.Going, Going, Gong!
11.Just for a Thrill

J.J. Johnson,Kai Winding (tb),Bill Evans (p),Paul Chambers,Tommy Williams (b),Roy Haynes,Art Taylor (ds)
[Impulse!] 3.Oct. 2,4,9,Nov. 1960.


« マッコイ・タイナー(p) 『Nights of Ballads & Blues』 | メイン | マッコイ・タイナー(p) 『Fly With the Wind 』 »