アート・ペッパー(as) 『Modern Art』

アート・ペッパー(as) 『Modern Art』

 『ミーツ・ザ・リズムセクション』がペッパーの表名盤だとすれば、本作は裏名盤。超マイナーレーベル”イントロ”の入手困難度と内容の素晴らしさから、マニアが血眼になって探した所謂”幻の名盤”。CD化に伴い曲順が変更されているが、レコードではベースだけをバックにあざやかなアドリブを繰り出す「ブルース・イン」に始まり、同じくベースのみ伴奏の「ブルース・アウト」で終わる。つまり、かつて本作を欲しがっていたマニアは、派手なスタンダード曲よりもアドリブ演奏の素晴らしさに痺れたのだと想像する。マイナーなら何でも喜ぶほどジャズファンは暇じゃない。ピアノのフリーマンも好演。 ★★★★★

1.Blues In
2.Bewitched, Bothered and Bewildered
3.Stompin' at the Savoy
4.What Is This Thing Called Love?
5.Blues Out
6.When You're Smiling
7.Cool Bunny
8.Diane's Dilemma
9.Diane's Dilemma [Alternate Take]
10.Summertime [#]
11.Fascinating Rhythm [Alternate Take]
12.Begin the Beguine [Alternate Take]
13.Webb City [Alternate Take]

Art Pepper (as),Russ Freeman (p),Chuck Flores (ds),Ben Tucker (b)
[Intro] 28.Dec.1956.Engineer:Thorne Nogar, 14.Jan.1957.Engineer:Bunny Robine


« 「A&Vヴィレッジ」1月号発売 | メイン | ウエス・モンゴメリー(g) 『Smokin' At Half Note』 »