ビル・エヴァンス(p) 『Waltz for Debby』

ビル・エヴァンス(p) 『Waltz for Debby』

 本盤の「マイ・フーリッシュ・ハート」を聴いて、ちっとも「美しい」と感じない人が居たとしたら、一度お医者さんに診てもらったほうがいい。これこそ世界で一番美しいピアノ・トリオ演奏だ。ところがあるとき、友人宅にあったこのCDをミニコンポで聴いたら、困ったことにちっとも美しいと思わなかった。レコードならどんな安物コンポでも美しいと感じるのに。医者に行くのはイヤなので怖くてこのCDは買えやしない。このヴィレッジ・ヴァンガードでのライブの模様を完全収録した『コンプリート・ライヴ・アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード1961 』もあるが勿論怖すぎてわたしには買えない。 ★★★★★

1.My Foolish Heart
2.Waltz for Debby (Take 2)
3.Waltz for Debby (Take 1)
4.Detour Ahead (Take 2)
5.Detour Ahead (Take 1)
6.My Romance (Take 1)
7.My Romance (Take 2)
8.Some Other Time
9.Milestones
10.Porgy (I Loves You, Porgy)

Bill Evans (p),Scott La Faro (b),Paul Motian (ds)
[Riverside] 25.Jun.1961.at Village Vanguard.N.Y.Engineer:Dave Jones


« ジミー・スミス(org) 『A Date With Jimmy Smith Vol.2』 | メイン | ジューン・ハットン(vo) 『Afterglow』 »

コメント

再生装置の精度が上がってくればきっとレコードと同じように鳴るんでしょうけどね~。

投稿者 Master : January 31, 2006 07:31 PM

やっぱりこのCDおかしいですよね。
最初に感じたのは,客席の話し声や食器の音がレコードと比べてずいぶん目立たないこと。
ひょっとして,そのへんの音を「ノイズ」としてフィルターにかけてしまったことで,楽器の響きまで
カットしてしまったのではないかと・・・
ほんと,つまんない音です。

投稿者 アーカイブ・ハンター : January 30, 2006 02:41 PM

泣けます泣けます(笑)

投稿者 Master@JimmyJazz : December 24, 2004 05:29 PM

初めまして。
先日バーで久しぶりにLPを聴きました。
かなり傷がいってたのですが、それでもやはりLPのほうがいいなと感じましたね。
「Waltz for Debby」もいいですが、個人的には「Portrait in Jazz」の「Someday My Prince Will Come」が大好きです。
イントロが泣けますね(笑)。

投稿者 てけてけ : December 23, 2004 11:10 PM