ジューン・ハットン(vo) 『Afterglow』

ジューン・ハットン(vo) 『Aftergrow』

 ハットンは元パイド・パイパーズの紅一点で、ジョー・スタッフォードの後釜として迎えられた人。パイパーズ在籍中に、あの名曲「ドリーム」をヒットさせている。本作も男声コーラスとストリングス入りオーケストラをバックに、エレガントな歌声を聴かせてくれる。全編を通して緩やかなリズムが心地よい。まるでメドレーを聴いているようだ。美しいジャケットでオリジナル盤の人気も高い。就寝前に30分ほど時間が取れたなら、是非ともこれを聴いていただきたい。安らかにぐっすり眠れること請合いである。 ★★★★

1.ネヴァー・イン・ア・ミリオン・イヤーズ
2.風とともに去りぬ (Gone With The Wind)
3.アンティル・ザ・リアル・シング・カムズ・アロング (Until the Real Thing Comes Along)
4.アイ・シュッド・ケア (I Should Care)
5.トーク・オブ・ザ・タウン (Talk Of The Town)
6.ユーア・ゲッティング・トゥ・ビー・ア・ハビット・ウィズ・ミー (You're Getting to Be a Habit With Me)
7.デイ・バイ・デイ (Day By Day)
8.イースト・オブ・ザ・サン (East Of The Sun)
9.テイキング・ア・チャンス・オン・ラヴ (Taking A Chance Of Love)
10.アイ・ハドント・エニワン・ティル・ユー (I Hadn't Anyone Till You)
11.マイ・ベイビー・ジャスト・ケアズ・フォー・ミー
12.ドリーム・ア・リトル・ドリーム・オブ・ミー

June Hutton (vo) and the Boys Next Door with Axel Stordal and his Orchestra
[Capitol]


« ビル・エヴァンス(p) 『Waltz for Debby』 | メイン | オーディオのチューニングは「合わせる」もの »