ケニー・ドリュー(p) 『Kenny Drew Trio』


ケニー・ドリュー(p) 『Kenny Drew Trio』

 最近ケニー・ドリューに凝っている。ケニー・ドーハムの『Whistle Stop』でも、じつに渋い”いぶし銀”のようなピアノを弾いていて、まったくあらためて痺れてしまった。本作はその『Whistle Stop』から遡ること四年前、同じリズムセクションで入れたピアノトリオ。まだこの頃はバド・パウエルの影響が強いが、独特の黒々としたタッチも散見される。特にモンク作のバラード曲「ルビー、マイ・ディア」はエレガントかつファンキー。これはホントに素晴らしいなあ。 ★★★★

1.キャラヴァン (Caravan)
2.降っても晴れても (Come Rain Or Come Shine)
3.ルビー、マイ・ディア (Ruby, My Dear)
4.ウィアード・オー
5.テイキング・ア・チャンス・オン・ラヴ (Taking a Chance on Love)
6.星に願いを (When You Wish upon a Star)
7.ブルース・フォー・ニカ
8.イッツ・オンリー・ア・ペイパー・ムーン (It's Only a Paper Moon)

Kenny Drew (p),Paul Chambers (b),Philly Joe Jones (ds)
[Riverside] 20,26.Sep.1956.NY. Engineer:Jack Higgins(Reeves Sound Studios)


« ミルト・ジャクソン(vib) 『Opus de Jazz』 | メイン | ソニー・スティット(as) 『Sonny Stitt With The New Yorkers』 »