ミルト・ジャクソン(vib) 『Opus de Jazz』

ミルト・ジャクソン(vib) 『Opus de Jazz』

 これもブルースだ。だから何なんだって言われても困るが、凄い。素晴らしい。冒頭「オパス・デ・ファンク」で13分22秒、ミルト、フランク、ハンクの順で延々とソロを繰り返す。最初から気持ちイイに決まっているのだが、エディ・ジョーンズの極太ウォーキング・ベースがぶんぶん唸るなか、ちょっと強くなったり、弱くなったりしながらエクスタシーへと達する。物凄い快感である。何度踊っても踊り飽きない「河内音頭」みたいなもんだ。ハンク・ジョーンズがブロックコードでミルトを盛り上げるバッキングのつけ方がなんともカッコイイ。 ★★★★

1.Opus de Funk
2.Opus Pocus
3.You Leave Me Breathless
4.Opus and Interlude

Milt Jackson (vib),Frank Wess (fl,ts),Hank Jones (p),Eddie Jones (b),Kenny Clarke (ds)
[Savoy] 28.Oct.1955.


« アート・ペッパー(as) 『Intensity』 | メイン | ケニー・ドリュー(p) 『Kenny Drew Trio』 »