チック・コリア(p) 『Now He Sings, Now He Sobs』

チック・コリア(p) 『ナウ・ヒー・シングス、ナウ・ヒー・ソブス』

 最初に新幹線が通ったようなものだ。このスピード感に比べればバド・パウエルだって急行程度、やけに遅いなあと思ってしまう。マッコイ・タイナーでもせいぜい特急”雷鳥”どまり。速ければいいってもんでもないのだが、喩えればの話。悠長にチンチキチンチキやるのがジャズだと思ってた当時のミュージシャンは、リズムの枠を飛び越えて自由自在に飛翔するチックのピアノを聴いて慌てたことだろう。最近のピアノトリオって、どれも本作の焼き直しのように聞こえてしょうがない。 ★★★★

1.Steps - What Was
2.Matrix
3.Now He Sings, Now He Sobs
4.Now He Beats the Drums, Now He Stops
5.Law of Falling and Catching Up
6.Samba Yantra [*]
7.Bossa [*]
8.I Don't Know [*]
9.Fragments [*]
10.Windows [*]
11.Gemini [*]
12.Pannonica [*]
13.My One and Only Love [*]

Chick Corea (p),Miroslav Vitous (b),Roy Haynes (ds)
[Solid State] Mar.1968.


« ハービー・マン(fl) 『Herbie Mann Plays』 | メイン | ドリス・デイ(vo),アンドレ・プレヴィン(p) 『Duet』 »