カウント・ベイシー・オーケストラ 『Atomic Basie』


カウント・ベイシー・オーケストラ 『Atomic Basie』

 エリントン楽団にしてもマイルスにしても、ジャズにはどこかヨーロッパ的なものを感じるが、ベイシーには異国を思わせる要素がまったくない。100%アメリカ純血種の音楽だと思う。ベイシーをどれか一枚となるとやはりこれか。疾風のようなブラスアンサンブル。エディ・ロックジョウ・デイヴィスの太く逞しいテナーが咆える[4]と[6]が特にカッコイイ。要所要所で炸裂するソニー・ペインのドラミングも強烈だ。 これはタンノイのスピーカーでは鳴らんだろう(笑) ★★★★

1.The Kid From Red Bank
2.Duet
3.After Supper
4.Flight Of The Foo Birds
5.Double-O
6.Teddy The Toad
7.Whirly-Bird
8.Midnite Blue
9.Splanky
10.Fantail
11.Li'l Darlin'
12.Silks And Satins
13.Sleepwalker's Serenade (Alternate Take)
14.Sleepwalker's Serenade
15.The Late Late Show
16.The Late Late Show (Vocal Version)

All Compositions and Arrangement by Neal Hefty
Count Basie (p),Thad Jones,Joe Newman,Snooky Young,Wendell Culley (tp),Henry Coker,Al Grey,Benny Powell (tb),Marshall Royal (cl,as),Frank Wes (as,fl),Frank Foster,Eddie"Lockjaw"Davis (ts),Charlie Fowlkes (bs),Freddie Green (g),Sonny Payne (ds)
[Roulette] 21,22.Oct.1957.



« マイルス・デイヴィス(tp) 『Miles Davis In Person At Blackhawk,San Francisco Vol.1』 | メイン | ハービー・マン(fl) 『Herbie Mann Plays』 »