ジュリー・ロンドン(vo) 『End of the World/Nice Girls Don't Stay for Breakfast』


ジュリー・ロンドン(vo) 『End of the World/Nice Girls Don't Stay for Breakfast』

 二枚のレコードを1枚にカップリングしたお徳用CD。[1]~[12]までがストリングス入りオーケストラがバックのスタンダード集。この頃になると美女ジュリーもさすがに歳を感じるが、可愛らしさをかなぐり捨て唄で勝負。「想い出のサンフランシスコ」や「フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン」など、オジサマ世代には涙モノの良い選曲だ。[13]~[24]は、「いい女は朝まで居ないのよ」というアルバムタイトルどおり、小編成コンボでジャジーな夜の雰囲気を演出。意表をつくノベルティ・チューンの「ミッキーマウス・マーチ」がなんとも粋だ。 ★★★★

1.End of the World
2.I Wanna Be Around
3.Call Me Irresponsible
4.Our Day Will Come
5.I Left My Heart in San Francisco
6.Fly Me to the Moon
7.Days of Wine and Roses
8.I Remember You
9.My Coloring Book
10.Chances Are
11.Desafinado (Slightly out of Tune)
12.Good Life
13.Nice Girls Don't Stay for Breakfast
14.When I Grow Too Old to Dream
15.I've Got a Crush on You
16.Everything I Have Is Yours
17.You Made Me Love You
18.Baby Won't You Please Come Home
19.I Didn't Know What Time It Was
20.Give a Little Whistle
21.I Surrender, Dear
22.You Go to My Head
23.There Will Never Be Another You
24.Mickey Mouse March

Julie London (vo)
[Liberty] All tracks Copyright Controlled


« 『マイルス・デイヴィスの生涯』 | メイン | レッド・ミッチェル(b) 『Presenting Red Mitchell』 »