ウエス・モンゴメリー(g) 『Navy Swing』
Amazonで詳細を見る
ウエス・モンゴメリー(g) 『Navy Swing』

 ピアニスト、ビリー・テイラーのバンドにウエス・モンゴメリーを迎えた放送音源。あの神技的ギターソロを期待すると、見事に裏切られる、というか、ソロらしいソロを取っているのは、16曲中[1][2][6]のわずか3曲しかない。特に後半のジョー・ウィリアムスの唄伴にいたっては、べつにギターは誰だって構わんだろうという程度。これをウエスの作品として売ること自体どうかと思う。(ビリー・テイラーじゃあまり売れないのだろうが)昔はこういうインチキなレコードが結構たくさんあった。怒りの★一つにしようかと思ったが、内容はそう悪くないので★二つ。[6]はなかなか楽し。 ★★☆☆☆

1. あなたなしでは (There Will Never Be Another You)
2. モア・アイ・シー・ユー
3. グランド・ナイト・フォー・スインギン
4. ビアント
5. カプリシャス
6. ボディ・アンド・ソウル (Body And Soul)
7. パラフレーズ
8. フリーダム
9. ビューテフル・シング
10. モア・ザン・ライクリー
11. ハブ・ア・グッド・タイム
12. アンティル・アイ・メット・ユー(コーナー・ポケット) (Corner Poket)
13. アイ・ウォント・クライ・エニモア
14. スポージン
15. オール・マイ・ライフ
16. アローン・トゥゲザー (Alone Together)

Wes Montgomery (g),Billy Taylor (p),Ben Tucker (b),Grady Tate (ds),Joe Williams (vo[9]-[16])
[Jazzbank] spring 1964.


« メンバーズカードの景品を変更 | メイン | ジョン・コルトレーン(ts,ss) 『Impressions』 »

コメント