トニー・ウィリアムス(ds) 『Spring』


トニー・ウィリアムス(ds) 『Spring』

 フリージャズが嫌いだという人は、おそらく「ただ無茶苦茶なことをやってるやかましくて不快な音楽」だと決めつけてるのではないか。本作は完全にフリーの範疇、難解といえば難解、しかし、これを聴いて果たして不快と感じるだろうか?名手が一同に会し、全編ストイックな美意識に貫かれた演奏を繰り広げる。リーダーは当時若干20歳の神童トニー。ショーター、リヴァースが二頭の昇り竜のごとく駆け巡る「エクストラ」。そして一曲全部ドラムソロだけの「エコー」は美しくしかも驚異的。★★★★★

1.Extras
2.Echo
3.From Before
4.Love Song
5.Tee

Wayne Shorter,Sam Rivers (ts),Herbie Hancock (p),Gary Peacock (b),Anthony Williams (ds)
[Bluenote] 12.Aug.1965. Engineer:Van Gelder


« ベニー・ゴルソン(ts) 『Gone With Golson』 | メイン | キカイを愛でる淋しい奴 »