タイロン・ワシントン(ts) 『Natural Essence』

Amazonで詳細を見る
タイロン・ワシントン(ts) 『Natural Essence』

 '60年代後半のブルーノートには、ロックやソウル、あるいはファンクなどのポピュラー音楽との融合を目指すミュージシャンと、フリージャズへと向かうミュージシャンという二つの大きな流れがあった。本作でのタイロンは、その両方を欲張ったようだが、どっちつかずには終わらないのがブルーノートの凄いところ。この勢い!完全にフリーフォームの「Song Of Peace」は是非とも良い音で聴いて欲しい。このテナーの「音」を聴くだけでも買う価値はある。 ★★★★

1.ナチュラル・エッセンス
2.ヤーニング・フォー・ラヴ
3.ポジティヴ・パス
4.ソウル・ダンス
5.エソス
6.ソング・オブ・ピース

Tyrone Washington (ts),Woody Shaw (tp),James Spaulding (as,fl),Kenny Barron (p),Reginald Workman (b),Joe Chambers (ds)
[Bluenote] 29,Dec.1967. Engineer:Van Gelder


« どうしてそんなに敷きたがる?インシュレーターあれこれ | メイン | ベニー・ゴルソン(ts) 『Gone With Golson』 »