ウエイン・ショーター(ts) 『Adam's Apple』


ウエイン・ショーター(ts) 『Adam's Apple』

 ショーターのよさがわかるようになったのは、JBLのスピーカーを買ってから。それまでは正直なにがいいのかさっぱりわからず、変なフレーズ吹く奴だなあ位にしか思ってなかった。彼の魅力は、まず何よりもその独特のトーンにある。そして作曲の才。疲れて砂漠を歩く旅人の姿が目に浮かぶ「フットプリンツ」。あの音色で迫ってくるからこそドラマチックで説得力がある。この数ヶ月後に『マイルス・スマイルズ』で同曲を録音するが、ワンホーンで入れた本盤のほうに軍配を挙げる。 ★★★★

1.Adam's Apple
2.502 Blues (Drinkin' and Drivin')
3.Gaucho
4.Footprints
5.Teru
6.Chief Crazy Horse
7.Collector

Wayne Shorter (ts),Harbie Hancock (p),Reginald Workman (b),Joe Chambers (ds)
[Bluenote] 3,24,Feb.1966. Engineer:Van Gelder


« マイルス・デイヴィス(tp) 『Miles In Tokyo』 | メイン | どうしてそんなに敷きたがる?インシュレーターあれこれ »