『Jazz to the World / Various』


『Jazz to the World / Various』

 ジャズ/フュージョンのミュージシャンが演奏したクリスマスソングを集めたオムニバス。デュエットが楽しい[2]、雪の結晶が目に浮かぶ[3]、こやつ、なかなかやるなと初めてわたしに思わせたダイアナ・クラールの[4]は自身のX'masアルバムのものとは別。スタンリー・クラークのウッドベースが地響き轟く[5]はわたしが知る中で最も美しいベースソロだ。そして限りなく感動的な歌唱を聴かせるアニタ・ベイカーの[13]など、名演がてんこ盛り。このCDはわたしの一年の罪を赦し、感謝と幸せを与えてくれる。 ★★★★★


« ハロルド・ランド(ts) 『Harold in the Land of Jazz』 | メイン | ビル・エヴァンス(p) 『Trio 64』 »