ロイ・へインズ(ds) 『We Three』


ロイ・へインズ(ds) 『We Three』

 フィニアス・ニューボーンは粋なピアノを弾く。粋は粋でもウィントン・ケリーとかとはちょっと違ってシャープでモダンな独自のスタイル。リズミックで哀愁溢れる「リフレクション」のイントロを聴いたら、誰でもジャズっていいなあと思うに違いない。全編よくまとまっていて、バリエーションがあり飽きさせない。この三人は実際に「ウイ・スリー」というバンド名で半年間ほど活動してたらしい。チェンバースはマイルス・バンドに在籍中。いやはや忙しい人だ。★★★★

1.Relection
2.Sugar Ray
3.Solitaire
4.After Hours
5.Sneakin' Around
6.Tadd's Delight

Roy Haynes (ds),Phineas Newborn Jr. (p),Paul Chambers (b)
[Prestige] 14.Nov.1958. Engineer:Van Gelder


« チャーリー・パーカー(as) 『Jazz Perennial』 | メイン | ジェリー・マリガン(bs) 『Gerry Mulligan Quartet』 »