メル・トーメ(vo) 『Back In Town』

メル・トーメ(vo) 『Back In Town』

 こういうのを「オシャレなジャズ」というのだなあ。アート・ペッパー・カルテットのようにねっとりしててはオシャレじゃない。メル・トーメとマーティ・ペイチが仕切ると都会的で後味さっぱり。「ア・バンチ・オブ・ザ・ブルース」の凝った展開、アップテンポに変わるところは何度聴いてもゴキゲンだ。そのあとテナーで入ってくるペッパーの金ラメのタキシード姿を想像してしまう。作り込まれたジャズのよさを堪能できるジャズコーラス。 ★★★★

1.メイキン・フーピー (Makin' Whoopee)
2.ビューグルズ・バングルズ・アンド・ビーズ (Baubles, Bangles and Beads)
3.恋とはこんなものかしら (What Is This Thing Called Love)
4.アイヴ・ネヴァー・ビーン・イン・ラヴ・ビフォア (I've Never Been In Love Before)
5.トラッキン
6.ア・バンチ・オブ・ザ・ブルース:キースター・パレード~TNT~タイニーズ・ブルース
7.イット・ハップンド・イン・モンタレイ
8.アイ・ハドント・エニワン・ティル・ユー (I Hadn't Anyone Till You)
9.ア・スムーズ・ワン
10.ドント・ドリーム・オブ・エニバディ・バット・ミー (Li'l Darlin')
11.サム・ライク・イット・ホット
12.ヒット・ザ・ロード・トゥ・ドリームランド

Mel Torme (vo,arr),"The Mel-Tones":Ginny O'Connor,Bernie Parke,Sue Allen,Tom Kenny (vo),Marty Paich (p,org,celeste,arr,cond),Jack Sheldon (tp),Art Pepper (as,ts),Victor Feldman (vib),and others
[Verve] 23,28,29.Apr.1959. LA.


« ソニー・ロリンズ(ts) 『Sonny Rollins and the Contemporary Leaders』 | メイン | ハンク・モブレー(ts) 『Dippin'』 »