ジョージ・シアリング(p) 『George Shearing and the Montgomery Brothers』


ジョージ・シアリング(p) 『George Shearing and the Montgomery Brothers』

 モンク・モンゴメリーの張力あるベース音がじつによく録れている。特に「Lois Ann」。再生装置によって、ピチカートの表情が多彩に表現できるかどうかで本盤の評価は大きく違ってくるだろう。編成、アレンジ共に対位法を用いたいつもの”シアリング・サウンド”ではあるが、モンゴメリー兄弟参加のせいかラウンジ風にならず幾分ファンキー。「Darn That Dream」におけるウエスのギターソロはさすがだ。 ★★★☆☆

1.Love Walked In
2.Love Walked In [Take 1][*]
3.Love for Sale
4.No Hard Feelings
5.Enchanted
6.Stranger in Paradise
7.Lamp Is Low
8.Double Deal
9.And Then I Wrote
10.Darn That Dream
11.Darn That Dream [Take 1][*]
12.Lois Ann
13.Mambo in Chimes
14.Mambo in Chimes [Take 1][*]

[*]Additional tracks not on original LP.

George Shearing (p),Wes Montgomery (g),Buddy Montgomery (vib),Monk Montgomery (b),Walter Perkins (ds),Armando Peraza (conga,bongos),Ricardo Chimelis (timbales,conga,bongos)
[Jazzland] 9,10.Oct.1961.LA. Engineer:Wally Heider


« Masterが選んだCDラック | メイン | スタンリー・タレンタイン(ts)『Cherry』 »