ペギー・リー(vo) 『Black Coffee』
Amazonで詳細を見る
ペギー・リー(vo) 『Black Coffee』

 わたしのなかでペギー・リーがポップ歌手でなく、かろうじて”ジャズ・シンガー”の範疇に入るのは、本作のイメージがあるせいだ。バックをただのピアノトリオとかでやらないで、ピート・カンドリのヤクザなトランペットを入れたのが功を奏した。凛として清楚で健康的な彼女も好きだが、気だるくジャジーに迫ってくるペギーも素敵。「When The World Was Young」のハスキーヴォイスで部屋中の酸素が欠乏、窒息しそうになる。ヘレン・メリルの次はこれ。輸入盤あり ★★★★

1. ブラック・コーヒー (Black Coffee)
2. アイヴ・ガット・ユー・アンダー・マイ・スキン (I've Got You Under My Skin)
3. イージー・リヴィング (Easy Living)
4. 私の心はパパのもの (My Heart Belongs to Daddy)
5. イット・エイント・ネセサリリー・ソー (It Ain't Necessarily So)
6. ジー,ベイビー・エイント・アイ・グッド・トゥ・ユー (Gee Baby, Ain't I Good to You)
7. ア・ウーマン・アローン・ウィズ・ザ・ブルース
8. 時さえ忘れて (I Didn't Know What Time It Was)
9. ホエン・ザ・ワールド・ウォズ・ヤング (When The World Was Young)
10. ラヴ・ミー・オア・リーヴ・ミー (Love Me or Leave Me)
11. ユーアー・マイ・スリル
12. ゼアズ・ア・スモール・ホテル (There's A Small Hotel)

Peggy Lee (vo),Pete Candoli (tp)(1-4, 7-10),Jimmy Rowles (p)(1-4, 7-10),Max Wayne (b)(1-4, 7-10),Ed Shaughnessy (ds)(1-4, 7-10),Stella Castellucci (harp)(5-6, 11, 12),Lou Levy (p)(5-6, 11, 12),Bill Pitman (g)(5-6, 11, 12),Buddy Clark (b)(5-6, 11, 12),Larry Bunker (ds,parc,vib)(5-6, 11, 12)
[Decca] 30.Apr. 1,4.May. 1953. 3.Apr.1956.


« さようなら K谷さん | メイン | ホレス・シルバー(p) 『FurtherExplorations By The Horace Silver Quintet』 »

コメント