酒の飲めないダメな奴

ジャズといえば酒がつき物という、甚だ迷惑な一般認識がある。
わたしはまったくといっていいほど酒が飲めない。
飲むと真っ赤になって、締まりのない顔がますますだらしなくなる。

動悸が激しくなって、もう音楽もへったくれもなくなるから、
「Masterは家でウォッカでも舐めながらジャズを聴いてるに違いない」
などという勝手な想像は止していただきたい。

「飲めない」と言うと意外な顔をされる。
そして次に出てくる言葉は、決まって

「そんならお金貯まるだろう?」

貯まるもんか。(^^;

たしかに酒飲みの人は、よくそんなにお金が続くなと思うほど飲み代を使う。
ツケにしといて、ボーナスで一気に何十万も払ったり。
向こうにしてみれば、我々オーディオマニアが
何十万もするスピーカー買ったりする神経が
理解できないかもしれないからお互い様だ。(^^;

サラリーマンをやったことがないから、肝臓も鍛えられなかった。
いまさら酒を練習してまで飲もうという気もさらさらない。

ホステスさんにお酌してもらって飲む人の気持ちもわからない。
一度だけキタ新地の店に連れて行ってもらったことがあるが、
何が楽しいのかさっぱりわからなかった。

それと、困るのが「飲めない」と言うと、
「なんだ!?男のくせに!情けない」とか言って絡んでくる人。
酒が強いことが男らしいことだと思ってるのだろうか。(^^;

わたしみたいなのが酒の場に居ると、どうも空気がしらけるようで、
「飲みに行こう」と誘われることも、ない。
誘われないから、飲まない。そんなこんなで今日に至る。

わたしは酒の飲めないダメな奴、である。




« オーディオは付帯音をどう味方につけるかを考える趣味だ | メイン | ポール・ホーン(as,fl,cl) 『Something Blue』 »

コメント

「ダメな奴」でGoogle検索すると4番目に出てきました。(^^;
日本で4番目にダメな奴なのかもしれません。(爆)

投稿者 Master@JimmyJazz : November 8, 2004 03:40 PM

えーと酒飲む理由はそんなに難しい理由ではないのです。
タバコと全く同じ煙を吸うのではなくて
液体を飲むだけの違いです。
作用はタバコより脳を麻痺させてリラックスさせる。
タバコより遥かに多いバリエーションがあってかつ
味の美味しいのもある。具合の悪いことに量が増えて
強くなっていく、そして金もかかり身体も壊す。
飲めない人は無理して飲む必要はありません。
しかし飲む人から飲めない人はなにか距離を感じるのは
確かです。

これでタバコを吸われるかたで酒を飲まない人でも
酒飲みが理解できるでしょう。どちらもやらない方には
どう説明したいいか?

投稿者 上戸という名の人 : October 30, 2004 07:37 AM

酒に関してはわたしも同類ですねぇ(^^;

だからといって、Master誘って二人であまーいものを食べに行ったりはしてません(笑

投稿者 Aquirax@ダメな人 : October 29, 2004 10:54 PM