ヒューストン・パーソン(ts) 『In A Sentimntal Mood』

ヒューストン・パーソン(ts) 『In A Sentimntal Mood』

  名録音エンジニアのルディ・ヴァン・ゲルダーもまだまだ現役で、近年では「ハイノート」というレーベルでベテラン・テナー奏者のヒューストン・パーソンを何枚か録音している。いかにもエングルウッドのヴァン・ゲルダー・スタジオで録ったという感じの、エコーのたっぷり効いたテナーの音。パーソンもすでに高齢で、スタンダード曲中心の枯れた味わい。黒人の体臭にコロンが香るようなゴージャスサウンドだ。
★★★☆☆

1.Don't Get Around Much Anymore
2.Tenderly [To St. Louis, MO]
3.Skylark [To Washington, DC]
4.You Don't Know What Love Is
5.Way We Were [To Chicago, IL and Brooklyn, NY)
6.My Funny Valentine [To Hartford, CT]
7.All the Things You Are [Rio de Janeiro, Brazil]
8.Good Morning Heartache [To San Diego, CA]
9.Without a Song [New York City]
10.In a Sentimental Mood [To Berkeley, CA]
11.Embraceable You [To Belleville/ Ann Arbor, MI]
12.'Deed I Do [To Detroit, MI]

Houston Person (ts),Stan Hope (p),George Kaye (b),Chip White (ds)
[HighNote] 19.Jan.2000. Engineer:Van Gelder


« JAZZオーディオ寝ても覚めても四苦八苦 寺島靖国(著) | メイン | オーディオは付帯音をどう味方につけるかを考える趣味だ »