サラ・ヴォーン(vo) 『At Mister Kelly's』

サラ・ヴォーン(vo) 『At Mister Kelly's』

 冒頭、男声アナウンスの音の良さにしびれる。録音が古いから音が悪いなんて大間違いだ。こんなに良い声が録れるマイクロフォンなんて現代にあるだろうか。エラ・フィッツジェラルドの向こうを張った[9]におけるダイナミックな歌唱はさすがの貫禄。サラ本人も観客とのやりとりを大いに楽しんでいる様子が伝わってくる。曲の合間に聞こえるサラのはにかんだような笑い声が愛らしい。 ★★★★

1.September in the Rain
2.Willow Weep for Me
3.Just One of Those Things
4.Be Anything (But Be Mine)
5.Thou Swell
6.Stairway to the Stars
7.Honeysuckle Rose
8.Just a Gigolo
9.How High the Moon
10.Dream [*]
11.I'm Gonna Sit Right Down (And Write Myself a Letter) [*]
12.It's Got to Be Love [*]
13.Alone [*]
14.If This Isn't Love [*]
15.Embraceable You [*]
16.Lucky in Love [*]
17.Dancing in the Dark [*]
18.Poor Butterfly [*]
19.Sometimes I'm Happy [*]
20.I Cover the Waterfront [*]
([*]:LP未収録曲)

Sarah Vaughan (vo),Jimmy Jones (p),Richard Davis (b),Roy Haynes (ds)
[EmArcy] 6.(1-12),7.(13),8.(14-20)Aug.1957. live at "Mister Kelly's" Chicago


« 「開けるべからず!」インフラノイズ疑惑の真相 | メイン | ジョン・コルトレーン(ts) 『Stardust』 »