カーティス・フラー(tb) 『Blues-Ette』


カーティス・フラー(tb) 『ブルースエット』

 一曲目は栄養ドリンクのCMに使われたが、「テイク・ファイブ」ほどは流行らなかった。テナーとトロンボーン、二管の低音楽器が奏でる美しいハーモニーは男声コーラスを思わせる。ベニー・ゴルソンとのコンビはジャズテットなどでお馴染みだが、こちらはファンキーというより幾分フォーマルな印象だ。トミー・フラナガンのピアノも”トミフラ節”を連発。得意の名脇役ぶりを発揮している。 ★★★★

1.ファイヴ・スポット・アフター・ダーク
2.アンディサイデッド
3.ブルースエット
4.マイナー・バンプ
5.ラヴ・ユア・スペル・イズ・エヴリホエア
6.トゥエルヴ・インチ
7.ファイヴ・スポット・アフター・ダーク(テイク4)
8.ブルース・エット(テイク2)
9.ラヴ・ユア・スペル・イズ・エヴリホエア(テイク2)

Curtis Fuller (tb),Benny Golson (ts),Tommy Flanagan (p),Jimmy Garrison (b),Al Harewood (ds)
[Savoy] 21.May.1959.Engineer:Van Gelder


« マイルス・デイヴィス(tp) 『Kind Of Blue』 | メイン | 健康維持にはカネがかかる »