ハンプトン・ホーズ(p) 『Four!』

ハンプトン・ホーズ(p) 『Four!』

 スカッと晴れ渡ったカリフォルニアの空のような快演!音の肌触りが気持ちいい。この乾いたサウンドこそ録音技師ロイ・デュナンの持ち味。ゼンマイの新芽のようにくるくると回るホーズ得意の節回し、ケッセルのブライトなトーン、シェリー・マンのブラシもシュワシュワと歯切れよく、軽快なアクセントが効いている。特に[2]での掛け合いは必聴の楽しさ。[3]はその名のとおり作者ミッチェルの弓(Bow)が先行する弾むようなトラック。体調がすぐれないときにはこの一枚。爽快な気分になれること請け合いだ。 ★★★★

1.Yardbird Suite
2.There Will Never Be Another You
3.Bow Jest
4.Sweet Sue
5.Up Blues
6.Like Someone In Love
7.Love Is Just Around The Corner
8.Thou Swell
9.The Awful Truth

Hampton Hawes (p),Barney Kessel (g),Red Mitchell (b),Shelly Manne (ds)
[Contemporary] 27.Jan.1958. Engineer:Roy DuNann


« 親子電話に雑音入る | メイン | スタン・ゲッツ、ジェリー・マリガン(ts,bs) 『Getz Meets Mulligan in Hi-Fi』 »