ビル・エヴァンス(p) 『A Simple Matter Of Conviction』


ビル・エヴァンス(p) 『A Simple Matter Of Conviction』

 表題曲は三拍子のブルースだが、ワルツにもブルースにも聞えない。シェリー・マンは最初から最後までドラムソロをやってるし、エディ・ゴメスも一曲まるごとベースソロみたいなもの。トリオが一斉にソロをとりつつ全体をまとめあげていく「インタープレイ」という形式は、エヴァンスが発明した。本作はそれがじつにうまくいってる。硬派のエヴァンス。
★★★★
(※『Empathy』とカップリングの2in1CDあり)

1.ア・シンプル・マター・オブ・コンヴィクション
2.星影のステラ (Stella by Starlight)
3.アンレス・イッツ・ユー
4.ローラ (Laura)
5.マイ・メランコリー・ベイビー
6.センチになって (I'm Getting Sentimantal over You)
7.スター・アイズ (Star Eyes)
8.オンリー・チャイルド
9.ジーズ・シングズ・コールド・チェンジズ

Bill Evans (p),Shelly Manne (ds),Eddie Gomez (b)
[Verve] 4.Oct.1966 Engineer:Van Gelder



« ドナルド・バード(tp) 『Fuego』 | メイン | ブッカー・リトル(tp) 『Booker Little』 »