チェット・ベイカー(vo,tp) 『Chet Baker Sings』


チェット・ベイカー(vo,tp) 『Chet Baker Sings』

 ゲイのふりをして徴兵を免れたというチェット。 彼の唄は、すんなり受け入れられる人と、極端に嫌悪する人とに分れるが、わたしは前者。「退廃的な美少年的要素」が心のなかにあるか否かが判断を分つのではないか?逆に拒絶反応を起こす人のほうが怪しい??音楽的に見たなら本作はたいへん美しいバラード集。「I've Never Been~」で、思わず息が止まる。国内盤あり  ★★★★★


« マイルス・デイヴィス(tp) 『'Round About Midnight』  | メイン | ジェリー・マリガン(bs,p) 『Night Lights』 »

コメント

Jazzの記事楽しく拝見させていただいています。
私もchet bakerの記事を書きました。
よろしければご高覧くださいませ

投稿者 kanata : May 17, 2005 05:33 PM