ジーン・アモンズ(ts) 『Boss Tenor』

ジーン・アモンズ(ts) 『Boss Tenor』

 ヴァン・ゲルダー・スタジオがハッケンサックからイングルウッドに移転したのは、おそらく1959年の8月初旬だと思われる。新ヴァン・ゲルダー録音の真骨頂は、漆黒の闇にスポットライトを浴びて浮き上がってくるような彫りの深い楽器の音色。’60年録音の本作はそれがバッチリ。[1]はアーシーなトミフラのピアノに続いてボス登場。ブッ、ブーと来る。うーんイイ音だ!白眉は[4]。小石がカナダの山をカンカンカラカラと転がり落ちてくるようなアート・テイラーのドラムが4ビートに変わるこの瞬間!ジャズの快感はここに極まる。 ★★★★ 

1. Hittin' The Jug
2. Close Your Eyes
3. My Romance
4. Canadian Sunset
5. Blue Ammons
6. Confirmation
7. Savoy

Gene Ammons (ts),Tommy Flanagan (p),Doug Watkins (b),Art Taylor (ds),Ray Barretto (conga)
[Prestige] 16.Jun,1960.Engineer:Van Gelder,Englewood Cliffs,NJ.


« ”ジャズの聴ける理容室”JimmyJazzのご案内 | メイン | バーニー・ケッセル(g) 『Music to Listen to Barney Kessel By』 »

コメント