アビー・リンカーン(vo) 『That's Him』

アビー・リンカーン(vo) 『That's Him』

 アビー・リンカーンは、このセッションにも参加しているドラマー、マックス・ローチの奥さん。しかし、[1]でのっけからソニー・ロリンズの”ストロング”なテナーが入ってくると、”ストロング・マン”とはロリンズのことか?と、妙に勘繰ってしまう。それはさておき、一流どころのバックに支えられ、リラックスした快唱が楽しめる。黒人女性ボーカルの秀作。[6][7]のみ急速調で、それ以外はくつろいだバラード。ケリーのロマンチックなピアノのイントロに誘われ、恥じらうように唄う[8]のリンカーンがしおらしい。 ★★★★

1.Strong Man
2.Happiness Is A Thing Called Joe
3.My Man
4.Tender As A Rose
5.That's Him
6.I Must Have That Man
7.I Must Have That Man (Take 3)
8.Porgy
9.Porgy (Take 1)
10.When A Woman Loves A Man
11.Don't Explain

Abbey Lincoln (vo),Kenny Dorham (tp),Sonny Rollins (ts),Wynton Kelly (p),Paul Chambers (b),Max Roach (ds)
[Riverside] 28.Oct.1957. Engineer:Jack Higgins(Reeves Sound Studios)


« オーネット・コールマン(as) 『ジャズ来るべきもの』 | メイン | ジム・ホール(g) 『Concierto』 »

コメント