フランク・シナトラ(vo) 『Come Dance with Me!』

フランク・シナトラ(vo) 『Come Dance with Me!』

 本作は絶対にCDで聴くべき。なぜならキーリー・スミスとのデュエットが[14][16]と二曲入っているからだ。こんなに上手い歌手が他にいるだろうか?!彼女の唄はソロも良いけれど、シナトラとのコントラストでなお一層輝きを増す。ビリー・メイ楽団のダイナミックにスウィングする伴奏も良い。快男児シナトラ全盛期の傑作。フランク・シナトラ(1915年12月12日 - 1998年5月14日) ★★★★

1.Come Dance With Me
2.Something's Gotta Give
3.Just in Time
4.Dancing in the Dark
5.Too Close for Comfort
6.I Could Have Danced All Night
7.Saturday Night (Is the Loneliest Night of the Week)
8.Day In - Day Out
9.Cheek to Cheek
10.Baubles, Bangles and Beads
11.Song Is You
12.Last Dance
13.It All Depends on You
14.Nothing in Common
15.Same Old Song and Dance
16.How Are Ya' Fixed for Love?

Frank Sinatra (vo),Keely Smith (vo),Billy May And His Orchestra
[Capitol] 1958.


« ジョー・ヘンダーソン(ts) 『Mode For Joe』 | メイン | 中古車を買ったと思えばいいのだ!(^^; »

コメント