ハービー・ハンコック(p) 『Takin' Off』

ハービー・ハンコック(p)
『テイキン・オフ』

★★★★★
 今やジャズ界の大御所となったハービー・ハンコックの初リーダー作。全曲ハンコックのオリジナルで、若き才能が溢れんばかりのバラエティに富んだ内容だ。後に『ヘッド・ハンターズ』で再演され有名になった[1]の印象が強いけれど、[2]のフレディ・ハバードのフリューゲル・ホーン、 [4]における息もつかせぬデクスター・ゴードンのソロも素晴らしい。そして何よりも[6]をじっくり傾聴するべし。これほど端整で美しいバラードが他にあるだろうか?!パナソニックのCDラジカセを床に転がして聴いたこの曲の美音が、当店のJBLではいくら頑張っても出てくれないのが悔しい。

1.Watermelon Man
2.Three Bags Full
3.Empty Pockets
4.The Maze
5.Driftin'
6.Alone And I
7.Watermelon Man (Alt. Take)
8.Three Bags Full (Alt. Take)
9.Empty Pockets (Alt. Take)

Dexter Gordon (ts),Freddie Hubbard (tp,flh),Herbie Hancock (p),Butch Warren (b),Billy Higgins (ds)
[Bluenote] 28.May.1962 Engineer:Van Gelder


« ジム・ホール(g) 『Concierto』 | メイン | さようなら K谷さん »

コメント