ローズマリー・クルーニー(vo) 『Blue Rose』

ローズマリー・クルーニー(vo) 『Blue Rose』

 デューク・エリントン楽団をバックに従え、堂々たる歌唱を聴かせる白人女性歌手なんて、ちょっとロージー以外に考えられない。楽団の強烈な個性に埋没しない歌唱力はさすが。といっても実際に共演したのではなく、エリントンのオケを録ったテープにロージーの唄を吹き込んだものらしい。エリントンのヒット曲集としても楽しめる。 ★★★★

1.Hey Baby
2.Sophisticated Lady
3.Me And You
4.Passion Flower
5.I Let A Song Go Out Of My Heart
6.It Don't Mean A Thing (If It Ain't Got That Swing)
7.Grievin'
8.Blue Rose
9.I'm Checkin' Out, Goombye
10.I Got It Bad (And That Ain't Good)
11.Mood Indigo
12.If You Were In My Place (What Would You Do?)
13.Just A-Sittin' And A-Rockin'

Rosemary Clooney (vo)
Duke Ellington (p,arr),
Harry Carney,Russell Procope,Johnny Hodges,Jimmy Hamilton,Paul Gonsalves (reeds),Willie Cook,William "Cat" Anderson,Ray Nance,Clark Terry (trumpets),Gordon Jackson,Britt Woodman,John Sanders (tb),Jimmy Woode (b),Sam Woodyard (ds),Billy Strayhorn (arr)
[Columbia] 1956


« 洋書『Black Beauty, White Heat: A Pictorial History of Classic Jazz 1920-1950』 | メイン | ビル・エヴァンス(p) 『Portrait in Jazz』 »

コメント