ダイアナ・クラール(p,vo) 『Stepping Out』

ダイアナ・クラール(p,vo) 『Stepping Out』

 瞬く間に大スターになってしまったダイアナ。最近の作品も悪くはないが、ジャズとして鑑賞するのは専らこのCD。唄もピアノもあっけらかんとして大らか。録音も良く、ダイナミックなピアノが堪能できる。わたしみたいな辛気臭い男に聴かせてやりたい。(笑)
★★★☆☆

« ルー・ドナルドソン(as) 『Swing And Soul』 | メイン | アート・ブレイキー&ジャズ・メッセンジャーズ 『At the Cafe Bohemia, Vol. 1』 »

コメント