フィル・ウッズ(as) 『Woodlore』

フィル・ウッズ(as) 『Woodlore』

 このCDは一旦手放している。演奏が単調に思えたからだ。ところが当時道頓堀にあったジャズ喫茶「BAMBI」でこの「オン・ア・スロウ・ボート・トゥ・チャイナ」が流れてきてビックリ。高級スピーカーJBLパラゴンで聴くウッズのアルトはエモーショナルで表情豊か。程なく当店もスピーカーをJBLに替え、本作も再度購入。それ以来わたしの愛聴盤である。ボンボンとよくボディが鳴るテディ・コティックのベースサウンドも印象的。ちなみにこのジャケット写真はプレスティッジ社長ボブ・ワインストックが撮影。国内盤あり ★★★★

1.Woodlore
2.Falling in Love All over Again
3.Be My Love
4.On a Slow Boat to China
5.Get Happy
6.Strollin' With Pam

Phil Woods (as),John Williams (p),Teddy Kotick (b),Nick Stabulas (ds)
[Prestige] 25.Nov.1955. Engineer:Van Gelder


« マイルス・デイヴィス(tp) 『Relaxin'』 | メイン | カーメン・ランディ(vo) 『Self Portrait』 »

コメント

コメントしてください(承認制)




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)