ポール・チェンバース(b) 『Go』

ポール・チェンバース(b) 『Go』

 胸のすくような快演「ジャスト・フレンズ」があまりに良い音なので、人に聴かせまくったことがある。面白いことに「凄く音が良い」と言う人と、「録音が悪い」と言う人、意見が真っ二つに分れた。ライナーにも元々録音が良くない旨書かれている。さて、貴方にはどう聞こえるか?本セッションの完全盤もある。
★★★★

1.オーフル・ミーン
2.ジャスト・フレンズ (Just Frends)
3.ジュリー・アン
4.ゼア・イズ・ノー・グレーター・ラヴ (There Is No Greater Love)
5.イーズ・イット
6.アイ・ガット・リズム (I Got Rhythm)
7.シェイズ・オブ・ブルー
8.ディア・アン(テイク2)
9.アイ・ハード・ザット(テイク4) ※〈初回のみ紙ジャケット仕様〉

Freddie Hubbard (tp),Cannonball Adderley (as),Wynton Kelly (p),Paul Chambers (b),Jimmy Cobb,Philly Joe Jones (ds)
[VeeJay] 2.3.Feb.1959.Chicago


« モダン・ジャズ・カルテット 『Django』 | メイン | ロイ・へインズ(ds) 『Out Of The Afternoon』 »

コメント

コメントしてください(承認制)




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)