キャノンボール・アダレイ(as) 『Know What I Mean』


キャノンボール・アダレイ(as) 『Know What I Mean』

 妙に前衛的なレコードジャケットは、きっと表題曲[5]のちぐはぐさを表現してるのだろう。幻想的かつ美しいビル・エヴァンスのピアノに乗せて、キャノンボールがいい感じで吹いてるなと思ったら、突如パーシー・ヒースのダサいベースソロが始まり、素っ頓狂なコニー・ケイのドラムが唐突に現れる。鮮烈な音で録れてるから余計にダサい。MJQの名手二人はモードが理解できなかったのだろう。でも他の曲はすべて二重マル。特に「ワルツ・フォー・デビー」が最高! ★★★★

1. Waltz For Debby
2. Goodbye
3. Who Cares? [Take 5]
4. Who Cares? [Take 4][*]
5. Venice
6. Toy
7. Elsa
8. Nancy (With the Laughing Face)
9. Know What I Mean? [Re-Take 7]
10. Know What I Mean? [Take 12][*]

Cannonball Adderley (as),Bill Evans (p),Percy Heath (b),Connie Kay (ds)
[Riverside] 27.Jan, 21.Feb, 13.Mar.1961 Engineer:Bill Stoddard NYC


« ロイ・へインズ(ds) 『Out Of The Afternoon』 | メイン | リー・モーガン(tp) 『Expoobident』 »