リー・モーガン(tp) 『Expoobident』


リー・モーガン(tp) 『Expoobident』

 「イージー・リビング」という曲には名演が多い。ペギー・リーの『Black Coffee』、ビル・パーキンスのテナーが渋いジョン・ルイスの『Grand Encounter』。それぞれ個性的な解釈を見せるが、極めつけは本作のリー・モーガン。スピーカーから唾が飛んでくる。アート・ブレイキー、エディ・ヒギンズも好サポート。
★★★☆☆

1.エクスプービデント
2.イージー・リヴィング (Easy Living)
3.トリプル・トラック
4.ファイアー
5.ジャスト・イン・タイム (Just in Time)
6.ザ・ヒアリング
7.ロスト・アンド・ファウンド
8.エクスプービデント(テイク3)
9.トリプル・トラック(テイク16)
10.ファイアー(テイク8)
11.ジャスト・イン・タイム(テイク11) ※〈初回のみ紙ジャケット仕様〉

Lee Morgan (tp),Cliff Jordan (ts),Eddie Higgins (p),Art Davis (b),Art Blakey (ds)
[VeeJay] 13.Oct.1960


« キャノンボール・アダレイ(as) 『Know What I Mean』 | メイン | ウイントン・ケリー(p) 『Kelly Blue』  »