ウイントン・ケリー(p) 『Kelly Blue』 


ウイントン・ケリー(p) 『ケリー・ブルー』

 [1][6][7]がセクステットで、残りはウイントン・ケリー・トリオによる演奏。ケリーは比較的どんなスタイルでもこなすピアニストだが、本作ではファンキーな面が色濃く出た。ブロックコードで盛り上げる[2]なんか、明らかにボビー・ティモンズしてる。「抜き足差し足忍び足」のような表題曲[1]のイントロを聴いて、「ダサい」と思うか「カッコイイ」と感じるかで貴方のファンキー度がわかる?国内盤あり ★★★☆☆

1.Kelly Blue
2.Softly, As In A Morning Sunrise
3.Do Nothin' Till You Hear From Me
4.On Green Dolphin Street
5.Willow Weep For Me
6.Keep It Moving (Take 4)
7.Keep It Moving (Take 3)
8.Old Clothes

Wynton Kelly (p),Nat Adderley (cor),Bobby Jasper (fl),Benny Golson (ts),Paul Chambers (b),Jimmy Cobb (ds)
[Riverside] 19.Feb, 10.May.1959 Engineer:Jack Higgins(Reeves Sound Studios)



« リー・モーガン(tp) 『Expoobident』 | メイン | デクスター・ゴードン(ts) 『Our Man In Paris』 »