デューク・エリントン(p) 『The Popular』

デューク・エリントン(p) 『The Popular』

 エリントン楽団は芸歴が長く、しかも超ビッグネーム。どこから手をつけていいか判らない人も多いだろう。本盤は「A列車で行こう」をはじめとする往年のヒット曲を再演。録音もよくエリントン入門には最適だ。アールヌーボー芸術を思わせる独特の音楽絵巻。ソリスト達がどんなに下品にエロチックに暴れても、全体として見れば華麗で上品な仕上がり。輸入盤あり
★★★★★

1.A列車で行こう (Take The "A" Train)
2.アイ・ガット・イット・バッド (I Got It Bad)
3.パーディド (Perdido)
4.ムード・インディゴ (Mood Indigo)
5.黒と茶の幻想
6.ザ・トゥイッチ
7.ソリテュード (Solitude)
8.私が云うまで何もしないで (Do Nothin' Till You Hear from Me)
9.ザ・ムーチ (The Mooche)
10.ソフィスティケイテッド・レディ (Sophisticated Lady)
11.クリオール・ラヴ・コール

Duke Ellington (p),Harry Carney,Russell Procope,Johnny Hodges,Jimmy Hamilton,Paul Gonsalves (reeds),Cootie Williams,William "Cat" Anderson,Mercer Ellington,Herbie Jones (trumpets),Lawrence Brown,Buster Cooper,Chuck Connors (tb),John Lamb (b),Sam Woodyard (ds)
[RCA] 9,10,11,May.1966.Hollywood, Engineer:Dave Hassinuger


« ジョージ・ウォーリントン(p) 『Jazz For The Carriage Trade』 | メイン | つらいけど砂糖を断ってみる »