マイルス・デイヴィス(tp) 『Someday My Prince Will Come』
Amazonで詳細を見る
マイルス・デイヴィス(tp) 『Someday My Prince Will Come』

 マイルスにしてはロマンチックな表題曲[1]は、ビル・エヴァンスの参加を想定していたのだろう。繊細なパティシエの洋菓子が、モブレー&ケリーのこってりバターでやや田舎くさく方向転換。途中から多重録音のジョン・コルトレーン登場。そう、本作は『カインド・オブ・ブルー』の続編みたいなイメージになるはずだったのだ。きっとそうに違いない。その後ヴィレッジ・ヴァンガードで評判となったビル・エヴァンス・トリオとマイルスの共演計画は、天才ベーシスト、スコット・ラファロの急逝('61年7月6日没)により頓挫する。 ★★★★

1.Someday My Prince Will Come
2.Old Folks
3.Pfrancing (No Blues)
4.Drad-Dog
5.Teo
6.I Thought About You
7.Blues No. 2
8.Someday My Prince Will Come [Alternate Take]

Miles Davis (tp),John Coltrane,Hank Mobley (ts),Paul Chambers (b),Wynton Kelly (p),Jimmy Cobb,Philly Joe Jones (ds)
[Columbia] 7,20,21,Mar,1961


« レッド・ガーランド(p) 『Red Garland's Piano』 | メイン | オスカー・ピーターソン(p) 『Motions & Emotions』 »

コメント