ジョン・コルトレーン(ts) 『A Love Supreme』

ジョン・コルトレーン(ts)
『A Love Supreme』

 邦題が『至上の愛』。長い間、本盤を避けてきた。難解、フリー、呪術的などの先入観があり、怖くて手にも取らなかったが、もういいだろうと聴いてみると、これが素晴らしい。先入観はよくないな。天と地が現れ、時間が生まれる。動植物の営みがあり、やがて人類が創られた。トレーンの世界観を拒絶する人もあろうが聴いてみる価値はある。至上屈指の大傑作!!アナログ盤あり  ★★★★★

1.パート1:承認
2.パート2:決意
3.パート3:追求~パート4:賛美

John Coltrane (ts),McCoy Tyner (p),Jimmy Garrison (b),Elvin Jones (ds)
[Impulse!] 9,Dec.1964. Engineer:Van Gelder,Englewood Cliffs,New Jersey,


« ジョン・コルトレーン(ts) 『Crescent』 | メイン | オスカー・ピーターソン(p) 『We Get Requests』 »