エラ・フィッツジェラルド&ルイ・アームストロング 『Ella And Louis』


エラ・フィッツジェラルド(vo) ルイ・アームストロング(vo,tp) 『Ella And Louis』

 秋の夜長には、お月見でもしながら本作を聴いて和んでください。御大サッチモとエラのデュエットによる心温まるバラード集。バックを努めるはオスカー・ピーターソン・トリオとくれば、内容が悪かろう筈もない。セントルイスあたりの田舎の軒先で、過去りし青春を回想するかの風情。若草の匂いがするようだ。紙ジャケあり ★★★★★

1.お友達になれない? (Can't We Be Friends)
2.イズント・ジス・ア・ラヴリー・デイ
3.ヴァーモントの月 (Moonlight in Vermont)
4.誰も奪えぬこの思い (They Can't Take That Away From Me)
5.青空の下で (Under A Blanket Of Blue)
6.テンダリー (Tenderly)
7.霧深き日 (Foggy Day)
8.アラバマに星落ちて (Stars Fell On Alabama)
9.チーク・トゥ・チーク (Cheek to Cheek)
10.あなたのそばに (The Nearness Of You)
11.エイプリル・イン・パリ (April In Paris)

Ella Fitzgerald (vo),Louis Armstrong (vo,tp),Oscar Peterson (p),Herb Ellis (g),Ray Brown (b),Buddy Rich (ds)
[Verve] 16.Aug.1956 Engneer:Val Valentin


« M.J.Q.&スウィングル・シンガーズ 『Place Vendome』 | メイン | 浪速区スパワールドまで走ってみました »