ジョージ・ウォーリントン(p) 『Jazz For The Carriage Trade』


ジョージ・ウォーリントン(p) 『Jazz For The Carriage Trade』

 フィル・ウッズ、ドナルド・バードをフロントに配したオーソドックスなスタイルのニ管ハードバップ。しかし黒人のよくあるそれではなく、本作はカラッと爽快にスイングする。きっとこの日はメンバー全員上機嫌だったのだろう。アート・テイラーのドラムも快調だ。白眉はウッズのアルトの美しさにハッとする「What's New」。聴く度に嬉しくなってくる作品だ。★★★★

1.Our Delight
2.Our Love Is Here to Stay
3.Foster Dulles
4.Together We Wail
5.What's New
6.But George

Donald Byrd (tp),Phil Woods (as),George Wallington (p),Teddy Kotick (b),Art Taylor (ds)
[Prestige] 20.Jan.1956. Enjineer:Van Gelder


« チャーリー・パーカー(as) 『Now's The Time』 | メイン | デューク・エリントン(p) 『The Popular』 »

コメント

またまた~、パラゴンなんて持ってませんよ。(^^;
JimmyJazzのはJBL4343B
自宅のは同じくJBLのS3100です。

投稿者 Master@JimmyJazz : March 19, 2005 05:44 PM

すみません。投稿直後にお店の写真をみたらJBLのスタジオモニター系のスピーカー(43・・っていう品番?)でしたね。
パラゴンはお宅に設置?
昔、日本橋のショップで聞いたことがあるかどうかの凄いスピーカーですね。

投稿者 K.Ishikawa : March 19, 2005 02:11 AM

マスター、すごいオーディオマニアになられてますね。
僕がカットしてもらったころは確かLo-Dのセットステレオが店にポツンと置かれていたくらいでしたのに。(それでも充分おしゃれでしたが。)今はDENONのアンプにJBL(パラゴンでした?)。凝ってますねえ。
僕は、最近3~4ケ月置きにJazzとClassicがマイブームの繰り返しを続けてます。(今はJazz。ズートとスタンが良いんです。ちょっと枯れて来てるか。)
このウォーリントンと言うと、本盤か”カフェ・ボヘミア”でしょうが、いいなあとは思えどもどちらも感動するまでは及ばず!?LPでもCDでもお目にかかったことがないAtlanticの”ナイト・ミュージック”が聞きたくて仕方ないのです。持ってらしゃいますか?入手できたら意外にたいした事無いものかも知れんのですけど。

投稿者 K.Ishikawa : March 19, 2005 02:06 AM